病院に戻りたい気持ちが募って行った薬剤師の二度の転職

調剤薬局への転職に比べると職場選びには難航

調剤薬局への転職に比べると職場選びには難航しました。
もともと働いていたところからは求人がなく、薬剤部長に連絡をしてみても当面は求人を出す予定はないと断れれてしまったので他を探さざるを得ません。
候補はいくつもありましたが、病床数があまり多いと患者との面識ができずにコミュニケーションがあまり楽しめないという不安がありました。
中小規模の病院で薬物治療をよく行っているという条件で探すのは端から見ていると難しく、求人情報を見ても明確には記載されていません。
そのため、情報源をうまく見つけなければならないということに気づき、薬剤師音エージェントに相談することにしました。
現場の実態をよく知っている担当者に巡り会えれば、自分の望んでいる仕事ができると考えたからです。
幸運にも最初に連絡したエージェントは親身になって話を聞いてくれて、精神科を主体としている病院を紹介してもらうことができました。
確かに精神科は薬物治療が中心になっています。
コミュニケーションを取るのに少し苦労するかもしれないという不安はありましたが、もともと勤めていたところでも精神科勤務の経験はあったので喜んで応募することにしました。
二度も転職することになるとは思ってもいませんでしたが、一度薬局で働いてみたことで自分の仕事への興味がはっきりとして、今の仕事を十分に楽しむことができています。
薬剤師といて働けることが嬉しく思えるのは、このような形で転職を繰り返したからに他なりません。

薬剤師として病院で働く道を選びました再度転職することに調剤薬局への転職に比べると職場選びには難航